スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

とても簡単な方法で赤ちゃんを授かる方法は1日5分あることをするだけです! 

子どもが欲しいと思っている夫婦の方は多いと思います。

しかし、子どもが欲しくてもなかなかできない、と悩んでいる方も多いですよね。

子どもがほしいので、不妊治療も行っているけどできない、
と思っている方もいますよね。

しかも、不妊治療はとてもお金がかかりますよね。



前の記事でも何度か費用のことを書きましたが、

年間で考えると数十万もかかったりするのです。



しかし、大須賀式妊娠成功プログラムはそんな費用をかけずに
不妊治療することができます。

1日5分程度あることをするだけなのでとても簡単ですよね。

薬を使ったり、体に負担をかける運動などをするわけではないので、
体には一切負担をかけません。

このプログラムを実践するにあたって、用意しなければいけないものや
その他の費用も必要ありません。



そんな簡単な方法で赴任解消なんかするわけない!と思うでしょう。

この方法を試した方も皆さんがそう思ったのだそうです。

しかし、試してみるとほとんどの方が3カ月以内に赤ちゃんが
授かっているのです!


もちろん、年齢はあまり関係ありません。

30代後半でも、40代の方でも妊娠に成功した方もいます。

高齢だからとあきらめなくて良いのです。


ちなみに、家族にばれずに注文することができます。

ダウンロード版と郵送版があるのですが、

ダウンロード版はパソコンにダウンロードするだけなので家族に
知られる事はありませんし、

郵送版も家族に知られないように配慮された品物名になっています。

安心して、しかも簡単に不妊治療ができます。



あなたも、大須賀式妊娠成功プログラムで莫大な費用や体への負担からおさらばして
簡単な方法で赤ちゃんを授かる喜びを感じてみませんか?
スポンサーサイト

原因不明の不妊、副作用のない大須賀式で妊娠! 

前回も述べたように、不妊症の約30%は原因不明と言われています。

原因不明の方は毎月の排卵、子宮内膜の厚さ、血液検査、卵管造影、

フーナーテスト、全て問題なしなのに妊娠しない方です。


数か月間タイミング法などで治療を行っても妊娠せず

もう諦めかかっている方も多いのです。


そんな時「クロミッド」という薬を処方される場合があります。

クロミッドとは簡単に言えば卵子を育てるお薬です。クロミッドを

飲むことにより排卵日が安定し、投与開始後から、

「12~14日ごろ」排卵します。


クロミッド錠の用量については1錠(50mg)から開始するのが一般的で、

月経周期の5日目、あるいは3,4日目から5日間、連続で内服します。

卵胞発育が見られない症例では次回から、2錠、

あるいは3錠と増量していくことになります。


しかし、このクロミッド、様々な副作用があるとされています。

情緒不安定で夜眠れなくなる、吐き気、食欲不振、頭痛など

辛いものばかりですね。


しかも、排卵日は安定するのですが、肝心の妊娠が

しにくくなる場合があります。このためこのクロミッドは

処方されても服用をためらう人が多いのです。


身体を傷つけてまで治療を行うのはどうなのでしょうか・・・。

きっと見ている旦那さんも辛いはずです。

大須賀式妊娠成功プログラムなら、身体を一切傷つけず

治療をすることができます。


これなら安心して治療をすることができます。

子供ができても肝心の母親が身体ボロボロじゃどうしようもないですね。

そうならないためにも、やはり体を傷つけない治療法が良いのです。

実際に妊娠した方もたくさんいますし。


副作用もなく治療ができるなんて夢のようだと、治療をされた方は

おっしゃいます。



また、クロミッドについてですが、

もちろん全ての人に副作用が出るわけではありません。

副作用が全く出ない方もいらっしゃいます。


しかし副作用が出るかもしれないという不安と闘うのも

ストレスですし、体によくないです。


大須賀式妊娠成功プログラムならそんな心配は一切いりません。

不妊症治療の費用・身体負担は想像以上に大きい! 

不妊症に悩む方の人数をご存じでしょうか?

2008年の時点で、不妊症に悩む人数は200万人と言われています。

出産適齢期(18歳~28歳)のカップルの410組に1組が

不妊症ということになります。


しかし、みんながみんな不妊治療を受けているわけではありません。

不妊治療にも費用、身体などの問題があります。

治療をするに当たり、どうしても費用がかかります。

不妊治療には3段階のステップがあり、その中には

保険が適用されないものもあります。そうなるとかなりのお金が必要に

なります。


不妊治療のまず1段階目は「タイミング法」になります。

超音波検査などによって排卵日を特定し、夫婦生活のタイミングを

合わせる方法になります。費用は5千~1万ほどです。

メリットは精神的にも身体の負担も最小限に抑えられること、

費用がそれほど掛からないこと、夫婦生活での妊娠ができることです。

デメリットは30代の夫婦で1回の夫婦生活で妊娠する確率は

約20%と低い点です。


次に2段階目は「人工授精」です。排卵日のタイミングに合わせて、

精液を直接子宮内に注入させて自然妊娠を促す方法になります。

費用は1万~3万程度です。

メリットとしては、精神的にも身体の負担も最小限に抑えられること、

費用がそれほど掛からないこと、自然妊娠に近いことです。

デメリットは、1周期当たりの妊娠が5~10%とあまり高くない点です。


3段階目は「体外受精・顕微授精」です。卵子と精子を体外で一緒にしたり、

精子を卵子に注入して受精ができた受精卵を

子宮内に戻して妊娠を期待する方法になります。費用は30~50万と

一気に高くなります。

メリットは胚移植あたりの妊娠率は約24~33%とやや高めな点と、

卵子と精子が確実に出会う点です。

デメリットは精神面と身体に非常に負担が掛ること、費用がかなり掛かること

卵巣過剰刺激症候群などの副作用がでることもあることになります。

卵巣過剰刺激症候群とは、卵巣が膨れ上がり、腹水や、

ときに胸水(胸腔内に異常に多量の液体が貯留した状態)などの

合併症状が起こることを言います。


このように3段階目になると、身体・費用の面で

かなりのリスクがありますね。もし、1回で妊娠しなかったら・・・。

また30~50万かけることになります。経済的に続くでしょうか。


大須賀式妊娠成功プログラムなら、費用も購入の時のみ1度で済みますね。

体も傷つけることもありません。


もしかしたらもう、何度も体外受精・顕微授精を行ったことがある方

いらっしゃるのではないでしょうか。

あんなに費用をかけたのに妊娠しないなんてもう何を信じれば良いか

分からなくなりますよね。


大須賀式妊娠成功プログラムを1度試す価値はあります。

だって実際に妊娠した方たくさんいらっしゃいますし。


レビューにもあるように、高齢で出産をした方も

たくさんいます。
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。